ミサワホームの値引き

ミサワホームとの間取りや費用の比較に非常に役立ちます。

無料でハウスメーカーの間取り・見積もりの一括資料請求♪


ミサワホームの値引き、まずは価格相場を知ろう。

 

新築一戸建ては誰もが夢をみること。
そしてその夢であるマイホームを購入することで現実になるわけです。

 

 

購入にあたってのワクワクやドキドキ感の楽しさ、
その反面長年続くであろうローン人生の始まりに少々気落ちすることもあるかも。

 

 

あらゆる意味でドキドキ感がありますね。

 

 

ですが、せっかくの夢のマイホームの購入です。
どうせなら楽しく購入したいですよね。

 

 

新築の一戸建てを購入する際、一番最初の悩みは

 

「家をどこに建てるのか?」

 

ということ。

 

 

家を建てるにはいくつか方法があり、ハウスメーカーに依頼する方法、
地元・地域の工務店に依頼する方法の二種類があります。

 

 

ハウスメーカーで建てよう!と決定してはみたものの、
実際にどこのハウスメーカーで建てたらいいの?と
順次具体的に決めていく必要があります。

 

 

ハウスメーカーは大手ならCNで紹介していたりしているので、
皆さんの頭の中にもいくつか名前が浮かんでくるメーカーがあるのではないでしょうか。

 

 

他にも口コミを使って名前を広げているメーカーや、
最近では耐震を重視したメーカー、ローコストを全面的に打ち出しているところもあります。

 

 

建築方法についても、各社ごとに取り扱う家のタイプによって違ってきます。

 

 

中でもミサワホームは一流メーカーと言えるので、
価格はもちろん品質や各種対応など、とても信頼ができるメーカーです。

 

 

ミサワホームでの新築一戸建てを建てるとなると、
価格は坪単価で60万〜80万ほどで考えておきましょう。

 

 

他の会社と比べての平均価格でも70万は必要になります。

 

 

そして家にこだわりを持てば持つほど坪単価は高くなり、
中には90万を超える場合もあります。

 

 

価格が安い、高いというのはあくまで個人の判断になりますし、
どこで折り合いを付けていくかが今後のポイントになります。

 

 

最近注目されているのはローコスト住宅です。
坪単価が30万〜40万円で、これまでの建築業界の価格破壊とまで言われているほどです。

 

 

しかし、安いものにはそれなりの理由があるのがセオリーですよね。

 

 

それはこのローコスト住宅にも言えることで、
住むことはできますが実際に購入した方の口コミなどを見てみると
家の老朽化が早いと感じる人が多いようです。

 

 

安くても修繕や補修が重なれば多くの費用がかかります。
それなら最初からしっかり自分の納得のいくものを一から作った方が
安く済むことがあります。

 

 

安いものを買って、結果多くのお金を失うことになる。
俗に言う「安物買いの線失い」にならないようにしたいですね。

 

 

しかしミサワホームの住宅ならしっかりとしていますし、
口コミなども高評価が多いです。

 

 

つまり坪単価が60万〜80万の住宅でも十分な価値があり、
その価値が長続きすると考えた方が正しいでしょう。

 

 

次に、ミサワホームで新築一戸建てを建てたいけど資金繰りをどうしたら・・・
という時にも対応策はありますよ。

 

 

それは、土地の価格で調整する方法です。

 

 

同じ地域でも場所によって土地の価格は大きく変わり、
500m違うだけでもその価格差は歴然です。

 

 

駅から5分の場所と15分の場所では土地の価格は全く違います。

 

 

こうした土地代にかける費用を、建物に回す方法もあるという訳です。

 

 

 

 

ミサワホームの値引きの鉄板ポイント

 

 

ミサワホームの坪単価はローコスト住宅と比べるととても高いものになりますが、
どの位値引きができるのかが気になりますよね。

 

 

結論から言って、値引きは3%〜5%といったところです。

 

 

良い木材や資材などを使用すると、値引きも限られてきます。

 

 

よく10%の値引きができた!という口コミなどを目にしますが、
それは本当に正しい情報なのか?と思いますよね?

 

 

どうしても安くしたいと考えるのであれば、
家を建てる時期を、メーカーの決算期に合わせるといいです。

 

 

決算前だと状況によっては更に値引きが可能になるかもしれません。
(会社は決算前に売り上げを上げたいからです)

 

 

また、新築を建てるのであれば、他社との比較が必須です。
最低でも5社は取った方がいいですね。

 

 

家を購入する際、担当者との交渉が費用を大きく左右します。

 

 

値引き交渉などで自分のペースに持ち込むためには、
自分が相手と同じ、またはそれ以上の情報を持っていることが重要です。

 

 

相手はプロですから、もちろん知識や情報を豊富に持っています。
そんな人と全く知識のない素人が話をしたとしても、
相手のいい値になってしまいます。

 

 

対等な立場で交渉するためにも、同じ間取り、同じ仕様で見積もりを取っておくことで
交渉の際に必ず役に立ちます。

 

 

予算と自分たちが建てたい家とのバランスが一番取れたメーカーと契約しましょう。